役員・顧問

代表理事

上田浩司

京都府出身。慶應義塾大学卒。旭化成工業㈱(現:旭化成㈱)に入社。その後、㈱メディアフラッグ(現:インパクトホールディングス㈱ 2012年東証マザーズ上場)に参画。経営企画室長、流通支援・リサーチ事業部執行役員を務め、金融・コンビニ・サービス・小売・外食等のQSC調査や価格調査業務に従事。その後、ハワイで人気のパンケーキ店「エッグスン・シングス」の日本初上陸に向けての戦略立案、投資事業計画を立案執行し、エッグスン・シングス・ジャパン㈱の代表取締役社長を務め、パリで人気のブーランジェリーである「ゴントラン・シエリエ」(現:ブールアンジュ)日本1号店のブランディング・PRを行うなど、日本上陸の海外ブランドや日本から海外進出を行うブランドの支援を中心に活動。2013年ASEFを設立。

理事

北岡未来

石川県出身。富山大学卒。早稲田大学大学院ファイナンス研究科卒。ベンチャー企業にてスタッフの教育研修と加盟店へのSV業務を務め、新規店舗の立ち上げ及び既存店の経営改善に従事。その後、ベンチャーキャピタルにおいて、ベンチャー企業の事業計画の策定と投資評価に従事し独立。中堅・中小企業への財務分析や部門別採算等管理会計の導入による財務改善、事業計画の策定、資金調達、業務改善、マーケティング、M&Aに従事。2013年ASEFを設立。

理事

小笠原 直(監査法人アヴァンティア法人代表・代表社員公認会計士)

栃木県出身。一橋大学卒。公認会計士第2次試験合格後、㈱第一勧業銀行(現:(株)みずほ銀行)入行。その後、太陽監査法人(現:太陽ASG有限責任監査法人)に入所し、同監査法人で代表社員を務める。2008年-現在、監査法人アヴァンティアの法人代表として代表社員に就任。独立行政法人国立大学財務・経営センター監事、独立行政法人経済産業研究所評価委員を務める。2018年-現在、一橋大学大学院 経営管理研究科非常勤講師。

理事

曽川 俊洋(公認会計士)

兵庫県出身。立命館大学卒。公認会計士第2次試験合格後、新日本監査法人(現:EY新日本有限責任監査法人)に入所。上場会社等の会計監査について60社程度従事するとともに、製造業・卸売業・運送業・サービス業等の事業再生計画の作成支援、内部統制監査、内部管理体制構築支援、株式上場準備支援、M&A支援等の業務に多数従事。

監事

福岡 真之介(西村あさひ法律事務所パートナー・弁護士)

兵庫県出身。東京大学卒。1998年弁護士資格取得、第二東京弁護士会所属。主な業務分野は、AI/ロボット分野において、AI・ビッグデータ・IoT。企業法務分野は、一般企業法務、M&A、コーポレート・コーポレートガバナンス。事業再生分野は、多数の案件に関与、特に国際的倒産事件を手掛けている。2001年-現在、西村あさひ法律事務所入所(パートナー)。2006年-2007年Schulte Roth & Zabel LLP (ニューヨーク)、2007年-2008年Blake Dawson 法律事務所 (シドニー)に勤務。2014年-2015年大阪大学大学院 高等司法研究科招聘教授。2020年-現在、経済産業省「AI社会実装アーキテクチャー検討会及びAI社会実装ガイド・ワーキンググループ」委員。2020年-現在、経済産業省「AI人材育成のための企業間データ提供促進検討会」委員。

顧問

松井 哲夫(日本クレジット協会副会長・専務理事)

石川県出身。東京大学卒。通商産業省(現:経済産業省)入省。九州経済産業局長、中小企業庁経営支援部長、総務省官房審議官(情報通信政策局担当)などを歴任。日本政策金融公庫(旧:中小企業金融公庫)取締役を経て、現在、日本クレジット協会副会長・専務理事を務める。